スマートフォン版へ

皐月賞馬エフフォーリアは秋盾で始動 年内は有馬記念との2戦を予定

  • 2021年08月11日(水) 13時00分
 無傷4連勝で皐月賞を制し、ダービーで初黒星(2着)を喫したエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸)が今秋、天皇賞・秋(10月31日・東京)で始動することが分かった。2021年内は有馬記念(12月26日・中山)との2戦を予定している。現在、同馬は福島県のノーザンファーム天栄に放牧中。鹿戸師は「夏の暑さにも負けず順調に過ごせていて、春に比べて肉づきも良くなっている。中山開催が終わる頃に帰厩させたい」と語った。

 宝塚記念3着のレイパパレ(牝4歳、栗東・高野)はオールカマー(9月26日・中山)からエリザベス女王杯(11月14日・阪神)を目標に。20年のチャンピオンズC4着以降、休養しているクリソベリル(牡5歳、栗東・音無)は、チャンピオンズC(12月5日・中京)を目標に、順調なら日本テレビ盃(9月29日・船橋)あたりを挟む予定で考えていると、所属するキャロットクラブが10日、ホームページで発表した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す