スマートフォン版へ

【POG】小倉で新馬快勝のホワイトターフ「2歳馬らしくないドッシリ感」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2021年09月02日(木) 20時40分
 先週、小倉で新馬戦を勝ったホワイトターフ。今週の小倉2歳Sにも登録があり、そのまま小倉に在厩したまま様子をみていましたが今週の出走は見送ることになりました。近々、栗東に戻るとのことです。

「新馬戦でのダメージもなく、とても元気です。普段は大人しく、運動しているときも散歩しているようにゆったりするところがあるのですが、競馬にいくとカッと闘志を出します。(新馬戦のパートナーである)永島まなみ騎手に似てますね(笑)」と松田助手。

 父はゴールドシップ、母の父はクロフネ、ということで気難しい面もあるかな?と思っていたので意外でした。

「もちろん競馬を重ねていくにつれてそういう面は出てくるかもしれませんね。

 今もいい意味で2歳馬らしくないドッシリ感はあります。たとえば、コースに出て他の馬がキャンターで横切ると2歳馬ですからビクッとしたりします。でも、ホワイトターフはまったく動じないんです。あと今日の小倉は雷雨だったんですが、1回目の雷ではビクッとしていたけど2回目からは全く平気な顔をしています。

 父のゴールドシップは立ち上がったりする場面を切り取られて知られているから産駒もそういう危うい部分があるのでは?と思われるかもしれませんが、ゴールドシップはあくまでも芯が強いというか、自分を曲げないというか、そういう自分に対して動じない部分があったと感じています。それがホワイトターフにも受け継がれていると思うし、人に対して従順なので、気持ちの強さをいいほうに伸ばしていきたいですね」

 ゴールドシップの父であるステイゴールドもそういう頑とした部分がありました。これから、どんなふうに伸びていってくれるのか、楽しみです!

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す