スマートフォン版へ

母はクイーンC勝ち馬、アドマイヤラヴィが武豊騎手でデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2021年09月06日(月) 18時00分
 今週から中山、阪神の開催が始まり、いよいよ秋競馬。夏開催でもPOGで注目されるような馬たちが続々とデビューしていたので、この開催では出走頭数が落ち着くと想定していたが、どうやら5回中京開催にも良血馬が続々と登場しそう。

 開幕週、下記で紹介できなかったところでは、デビューから3連勝でクイーンCを制したキャットコイン(父ステイゴールド)の二番仔マンクスホップ(栗東・松永幹夫厩舎)が、中京芝1600m(牝)を松山弘平騎手。母系に凱旋門賞Zarkava(父Zamindar)がいるレプリューム(栗東・池添学厩舎)が、中京芝2000mを鮫島克駿騎手など。

【9月11日(土) 中京芝1600m(牝)】

アドマイヤラヴィ(牝、父ロードカナロア母アドマイヤミヤビ、栗東・友道康夫厩舎)

 友道康夫厩舎で管理された母アドマイヤミヤビは2017年クイーンCで重賞を制し、桜花賞で2番人気の支持を受けるも12着惨敗。その後のオークスでは3着と巻き返し、秋のGIに向けて調整が進められていたが、左前浅屈腱炎のため、現役を引退した。その初仔が本馬となる。

 本馬について「性格は母に似て素直。新潟開催を使う予定で調整してきましたが、走る気持ちに対して、体がついてきていない状態だったので、1ヶ月じっくり乗り込みました。今ではしっかり動くようになってきましたね」と友道康夫調教師。鞍上は武豊騎手が予定されている。

【9月11日(土) 中京芝1400m】

リゴレット(牝、父ドレフォン母プリンセスカメリア、栗東・羽月友彦厩舎)

 半兄にデビューから3連勝で朝日杯FSを制したアルフレード(父シンボリクリスエス)がおり、父は新種牡馬ドレフォンジオグリフが先週の札幌2歳Sで産駒重賞初制覇と、今週のデビュー組でも間違いなく注目を集める1頭。

 先週の新潟芝1400mを除外になって、1週スライドする形となるが、先週のCWでの併せ馬が圧巻。3頭併せを内から追走する形だったが、最後の直線は手前を替えてから外2頭が止まって見えるくらい、一瞬で抜け出してくる。2週前追い切りがさほど目立つ動きではなかっただけに、1週でこれだけ違うものかと驚かされたくらい。今週の最終追い切りも要注目。鞍上は松山弘平騎手が予定されている。

【9月12日(日) 中京ダート1800m】

グレッチャー(牡、父ラニ母レッドスレッド、栗東・安田隆行厩舎)

 おじにJCダート(現チャンピオンズC)を連覇など、ダートGIで4勝を挙げたトランセンド(父ワイルドラッシュ)がいる血統で、父は米三冠レースに出走した新種牡馬ラニ。ということで、父も母もノースヒルズにゆかりのある血統。

 本馬は8月4日に大山ヒルズから栗東へ入厩。8月12日にゲート試験に合格した後も在厩調整されており、8月25日の坂路では4F51.8秒の時計をマーク。9月2日にはCWで追い切られて、古馬2勝クラスを追走して、きっちりと先着する動きを見せた。

【9月12日(日) 中京芝2000m】

ピエドラデルーナ(牝、父キタサンブラック母スイープトウショウ、栗東・清水久詞厩舎)

 母は2005年宝塚記念など、GIで3勝を挙げたスイープトウショウ(父エンドスウィープ)。半姉には芝で2勝を挙げ、今週の紫苑Sに特別登録しているクリーンスイープ(父ドゥラメンテ)がいる。

 本馬はノーザンF早来からノーザンF天栄を経由し、4月1日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩。4月9日にはゲート試験を合格し、その後はしがらきへ戻って調整が進められていた。8月17日に再入厩した後も順調に追い切りを進めており、9月1日のCWで6F80.5秒の好時計をマーク。併せた相手(新馬)を追走して、大きく突き放しての先着だった。鞍上は松山弘平騎手が予定されている。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す