スマートフォン版へ

【ローズS】マリアエレーナ軽快走 8日に逝った曽祖母ブロードアピールの血が騒ぐ

  • 2021年09月15日(水) 12時49分
 「ローズS・G2」(19日、中京)

 1勝、2勝クラスと連勝中のマリアエレーナが14日、栗東CWでいつも通りの火曜日追いを敢行。軽快な動きを披露した。間隔はあいているものの、仕上がりに不安はない。本番への前哨戦で強豪がそろった中、勢いそのままに重賞初Vを決める。

 まだ薄暗い中、マリアエレーナは栗東CWを余力十分に駆け抜けた。軽快なフットワークで5F70秒2-38秒1-11秒5。高島助手は「先週に併せ馬でしっかりやっているから、直線で反応を確かめる程度。十分に息はできているし、いつも通りの調子ですね」と状態に太鼓判を押す。

 20年12月に未勝利戦を勝ち上がったが、春は勝ち星に恵まれなかった。しかし、2走前に1勝クラスを勝つと、続く2勝クラスもV。「(前走は)あえてきつい経験をさせようと小倉を選んだけど、長距離輸送もあっさりクリア。小柄な牝馬でもどっしりしてるし、学習能力も高くて競馬でのセンスもある」と目を細める。

 ここまで9戦中、上がり3F最速は7戦と鋭い決め手を持つ。「ブロードアピールの面が出ているんだと思います」。強烈な追い込みで芝&ダートで重賞6勝を挙げ、8日に老衰のため27歳でこの世を去った曽祖母とイメージを重ねた。

 「折り合いは問題ないし、距離はこれぐらいがベスト。ここで勝負できなければ、当然秋華賞でも勝負できないので、しっかり結果を出してもらえると思っています」。持ち味をフルに発揮して、春の実績馬に真っ向勝負を挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す