スマートフォン版へ

【ローズS】栗東レポート アールドヴィーヴル

  • 2021年09月15日(水) 14時33分
9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のアールドヴィーヴル(牝3)について、追い切り後の今野貞一調教師のコメントは以下の通り。

「(前走は)体重をキープしながら完成手前の中、順調に競馬まで行ってくれまして、本番も厳しい条件だったと思いますが、一生懸命走ってくれて、精神力の強い子だな、と思いました。身体は完成途上でしたが、気持ちの真面目さと精神力の強さ、レースセンスの良さで頑張ってくれたと思います。調教では行きたがるところがありましたし、まだ身体のバランスが出来切っていませんので、(折り合いは)難しいところはあるかもしれないと思っていましたが、上手に走ってくれました。

オークスの後は北海道のノーザンファームで放牧させて、ゆっくり身体を膨らませてもらって、8月20日に帰厩しました。輸送で身体を減らしましたが、今日まで変わらず442キロで来ています。少し大きくなったというか、身体の丸み、厚みが出てきたと思います。夏に膨らませてゆっくりさせていただいたので、多少緩いかなというところがあり、1週前は強めにやって、予定より時計は速くなりましたが、その後も順調で良かったです。

(今日は)折り合いの確認、動きの確認をして、予定より少し速くなりましたが、松山騎手と『非常に良い動きで良い仕上がりだな』と話していました。体質面と相まって、飼い食いも変わりなく良いですし、良くなったなと思います。

当日輸送で多少減ると思いますが、430キロ台で出られると思います。飼い葉の食い自体はそれほど変わらず、極端に食べなかったりして苦労することはないんですが、あとは成長のものかなと思います。

(今回は)左回りも良いですし、距離もちょうど良いと思います。展開的に向いてくれるか多少気になりますが、松山騎手に任せておけば良いかなと思います。桜花賞は速すぎて(馬場が)合ってなかったと思いますし、新馬戦で重い馬場も経験しています。重い坂路でも簡単に時計が出ますので、渋ってもむしろ良いのかなと思います。

夏は順調に過ごせまして、少し成長した姿をお見せできるかと思います。ここを良い形で走ってもらえたら、本番に楽しみな形で向かえるかと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す