スマートフォン版へ

【ローズS】栗東レポート オヌール

  • 2021年09月15日(水) 14時34分
9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のオヌール(牝3)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

「春はまだ成長途上という感じと、きついローテーションだったので(前走は)力を発揮できなかったかなと思います。前走後は北海道の社台ファームに戻りまして、8月1週に山元トレセン、グリーンウッドを経由して栗東に戻ってきました。入厩当初は10日間くらい楽をさせながら徐々にペースを上げていって、ここまで良い感じで来ています。

1週前の追い切りは変則になりましたが、日曜日に左回りでしっかりやりました。今日は川田騎手が乗って、Cウッドでサッと伸ばして良い追い切りだったと思います。川田騎手からは『春に比べてパワーアップしてる』という感じのコメントはいただきました。

体重は数字的にそれほど増えていないと思いますが、見た感じもしっかりしてきていますし、いつも乗っている助手の話を聞いても『動きがダイナミックになって良くなっている』ということなので、成長は実感しています。

この馬の場合、母系の良いところも引き継いでいますし、お父さんであるディープインパクトの軽くて柔らかいところも引き継いでいるような、走って来そうな良い馬だと思います。

競馬に行って乗り難しくはないと思いますので、(1周競馬は)問題ないと思います。

望むところは良い馬場でやりたいんですが、どんな馬場でも力を出してくれると思います。

枠順はどこでも良いんですが、スムーズなリズムの良い感じになれば良いなと思います。

春はなかなか力を出せなかったんですが、ひと夏越して身体も良くなっているので、最後の一冠目指して頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す