スマートフォン版へ

“九州産の星”ヨカヨカ 志半ばで引退 骨折で競走能力喪失 繁殖入りへ

  • 2021年09月23日(木) 12時34分
 “九州産の星”として人気だったヨカヨカ(牝3歳、栗東・谷)が左第1指節種子骨々折で競走能力を喪失したことが22日、JRAから発表された。同馬は北九州記念で熊本県産馬初の重賞制覇を果たし、スプリンターズS(10月3日・中山)に向けて調整されていたが、志半ばで現役を引退することとなった。今後は繁殖入りする予定になっている。

 谷師は「ハッキリしたことは分からないけど、けさ調教後に地下馬道で暴れたのが原因だったようです。スプリンターズSに向けて順調に来ていたので残念ですが、重賞を勝つなど、よく頑張ってくれました。今後(どこで繁殖入りするか)に関してはオーナーが決められること。競走生活は続けられなくなったけど、これからはお母さんとして、いい子を出してくれると思います」とコメントした。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す