スマートフォン版へ

【オールカマーレース後コメント】ウインマリリン横山武史騎手ら

  • 2021年09月26日(日) 21時05分
中山11Rの第67回産経賞オールカマー(3歳以上GII・芝2200m)は2番人気ウインマリリン(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒9(良)。1馬身半差の2着に5番人気ウインキートス、さらにクビ差の3着に3番人気グローリーヴェイズが入った。

ウインマリリンは美浦・手塚貴久厩舎の4歳牝馬で、父スクリーンヒーロー母コスモチェーロ(母の父Fusaichi Pegasus)。通算成績は11戦5勝。

レース後のコメント
1着 ウインマリリン(横山武史騎手)
日経賞が良い競馬だったので、1枠1番でしたし、それに似た競馬ができれば良いと思っていました。ロザムールが逃げて、その後ろに入れて、思い描いたレースが出来ました。

ロザムールレイパパレの間を狙おうと思いましたが、狭くて入り切れず、引っ張るようなところもありましたが、勝てたのはこの馬に救われたところがあります。元々力のある馬で、夏を越して普段の角馬場からリラックス出来るようになって、返し馬でもとてもリラックスしていました。精神的な部分で大きな成長がありました。

(中山4勝は)とても器用な証かなと思います。今日は馬に救われただけなので、自分の技術も馬の力も発揮できるようにレースに臨みたいです」

(手塚貴久調教師)
「強かったと思います。放牧から戻ってきてパワーアップしているのが分かりました。調教の動き、仕草から成長したと感じていました。以前はジリッぽいところがありましたが、反応がすぐに出来るようになりました。好走している時は内枠なので、外枠になった時、折り合って走れれば良いと思います。次は予定通りエリザベス女王杯になると思います」

2着 ウインキートス(丹内祐次騎手)
「今日は自分が思い描いていたまんまでした。思った通りの乗り方が出来ました。頑張ってくれたと思います」

3着 グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)
「久々でゲートの中でイライラして少し出遅れました。道中は自分のペースで行って、早目に動いて、これで良かったと思いましたが、最後は少し脚が甘くなりました」

(尾関知人調教師)
「休み明けはゲートがうるさいタイプで、そこがあのように(出遅れに)なってしまったでしょうか。あのような展開ですから、レイパパレを目標に競馬していって、そこには競り勝ちましたし、最後も競り合って伸びていましたが、走り慣れない坂の部分で切れが鈍ったところがあったでしょうか。頑張ってはいました」

4着 レイパパレ(川田将雅騎手)
「雰囲気が良くレースを迎えました。道中もよく我慢してくれました。早目に動かされた分、ゴール前は苦しくなってしまいました」

7着 ランブリングアレー(戸崎圭太騎手)
「調子は良さそうでした。スタートは良く、道中、もう一列前で競馬をすれば良かったかなと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す