スマートフォン版へ

【凱旋門賞】武豊11着に終わるも「また来年も絶対に乗りたい」

  • 2021年10月04日(月) 01時21分
 「凱旋門賞・仏G1」(3日、パリロンシャン)

 9度目の挑戦も実を結ばなかった。ブルーム(牡5歳、愛国)とのコンビで世界最高峰の一戦に挑んだ武豊騎手(52)=栗東・フリー=だったが、最後の直線でズルズルと後退して14頭立ての11着に終わった。

 レース前にはA・オブライエン調教師と「行く馬がいなかったら逃げてもいい」とプランを立てていたという。ブルームに騎乗経験のあるデットーリやライアン・ムーアからも「大きな癖はない馬だ」と事前にアドバイスを受けた。

 スムーズに好位のポジションから運んだが、ラストで一気にペースが上がると上位馬に離され11着でゴール。「スタートは遅かったが、うまくリカバリーできたし、ポジション取りは完璧だった。ただ、直線ではあまり手応えがなかったですね。結果は残念ですけど、また来年も絶対に乗りたいと思いました」とレースを振り返り、改めて凱旋門賞への熱い思いを吐露した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す