スマートフォン版へ

ミッキーロケット半弟グルアガッハが幸英明騎手でデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2021年10月11日(月) 20時30分
 先週のサウジアラビアRCでは、1着から7着まで人気通りの決着が話題になったが、勝ったコマンドライン(美浦・国枝栄厩舎)はPOGでも注目を集める馬だけに、今後の動向が気になるところ。

 そして、今週から、もみじS(阪神芝1400m)、アイビーS(東京芝1800m)、萩S(阪神芝1800m)と毎週2歳オープンの競走が行われる。暮れの2歳GIに向けて、楽しみなレースばかりだが、今開催デビューならまだ間に合うし、そんなポテンシャルを持った馬が現れてくれるだろうか。

【10月16日(土) 阪神芝1800m】

サクセスドレーク(牡、父ドゥラメンテ母ビービーバーレル、栗東・野中賢二厩舎)

 母は現役時代に2016年フェアリーSで重賞勝ち。また、母系にはシンザン記念2着などの重賞実績があるダブルウェッジ(父マイネルラヴ)がいる血統でもある。

 本馬は先週のCW追い切りでは新馬と併せて、追走先着。6F84.5秒と全体時計は平凡だったが、ラスト1Fは12.0秒で動きにはまだまだ余裕があった。「ドゥラメンテ特有の緩さはあるけど、やれば動きますね。本当に良くなるのは少し先という感じもありますが、乗り手は褒めてくれるし、素質はありそうです」と野中賢二調教師。鞍上は藤岡佑介騎手が予定されている。

グルアガッハ(牡、父ロードカナロア母マネーキャントバイミーラヴ、栗東・音無秀孝厩舎)

 半兄に同厩舎で管理され、2018年宝塚記念を優勝したミッキーロケット(父キングカメハメハ)がいる。2016年に父ロードカナロアの全姉が生まれているが、JRAでの競走馬登録はされていない。

 本馬は9月29日に坂路で4F52.9秒を馬なりでマーク。さすがのスピードを見せていたが、CWでの1週前追い切りはヴァーダイトアリストテレスとの3頭併せで一番遅れた。最後はついていくことができない状態だったが、6F81.6秒の負荷なら仕方なし。このひと追いがレースに向けて状態をアップさせるものになるのではないだろうか。鞍上は幸英明騎手が予定されている。

【10月17日(日) 阪神芝1600m】

クロステック(牡、父ロードカナロア母サプレザ、栗東・大久保龍志厩舎)

 母は現役時代にサンチャリオットSを3連覇。また、日本ではマイルCSにも3度出走しており、2011年、2009年の結果は3着だった。半兄サトノインプレッサ(父ディープインパクト)はデビューから3連勝で毎日杯を勝っている。

 本馬は9月23日に坂路で4F53.8秒の時計を出すと、翌週の30日にはCWで古馬OPペオースに先行する併せ馬を行って先着している。1週前追い切りもCWだったが、古馬2勝クラスを追走して遅れたものの、6F79.8秒と速い全体時計をマークしており、追い切りを重ねるごとに動きの質が向上している印象がある。

サザンステート(牡、父アメリカンペイトリオット母ディープサウス、栗東・松永幹夫厩舎)

 母系には同厩舎で管理され、芝で3勝を挙げているナンヨープランタン(父ルーラーシップ)や、ダートで3勝を挙げているショウナンアニメ(父スマートファルコン)がいる血統。

 本馬について「きょうだいは結果が出ませんでしたが、それらと比較するとしっかりしていますね。体にはまだ余裕がありますが、追い切りでの行きっぷりはいいし、追うごとに良くなってきています」と松永幹夫調教師。2週前、1週前追い切りのCWでも時計以上に余裕ある動きを見せている。鞍上は岩田望来騎手が予定されている。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す