スマートフォン版へ

クリソベリルが喘鳴症で現役引退 19年チャンピオンズC制覇

  • 2021年10月14日(木) 07時00分
 19年チャンピオンズCを制したクリソベリル(牡5歳、栗東・音無)が13日、喘鳴(ぜんめい)症のため現役を引退し、北海道の社台スタリオンステーション種牡馬入りすることになった。

 9月29日の日本テレビ盃で6着に敗れたあと、滋賀県のノーザンファームしがらきで調整中だったが、息遣いが思わしくなく検査の結果、ステージ4の喘鳴症と診断された。完全に回復する見通しが立たず現役引退が決まった。音無師は「(父である)ゴールドアリュールの後継種牡馬になってほしいですね。2世に期待したい」と話した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す