スマートフォン版へ

【秋華賞】ユーバーレーベン樫女王の真価 手塚師仕上がりに不安なし「満足」

  • 2021年10月14日(木) 07時00分
 「秋華賞・G1」(17日、阪神)

 オークスユーバーレーベンが13日、美浦Wでの併せ馬で上々の動き。左前脚の不安で本番に直行することになったが、ここにきて急ピッチで状態を上げてきた。G1連勝へ向けて底力を発揮するか。

 オークスユーバーレーベンが好仕上がりをアピールした。津村(レースはM・デムーロ)を背に美浦Wでインターミッション(4歳オープン)を追走する形でスタート。スムーズな脚さばきで前を追うと、直線では馬なりのまま加速する。最後は1馬身先着してフィニッシュ。5F67秒8-38秒1-11秒9で最終リハを完了した。

 手塚師は「きょうの動きは満足です。本当は先週に強くやりたかったけど、ペース的に少し足りなかったので、週末にも坂路で少し強くやった」と及第点を与えた。オークス後に左前脚屈腱周囲炎を発症。その後は牧場と密に連絡を取り合って、慎重に調整を進めてきた。トレーナーは「大きな損傷はなかったけど、しっかり休ませて症状はすぐに治まった。思った以上に早く調教も再開できましたから」と経過を説明する。

 3週連続で追い切りに騎乗した津村は、「良くなっている。間に合ったかなという感じ」と仕上がりに関しては不安がないことを強調。自身はアナザーリリックとのコンビで臨むが、「ライバルになるので負けられないですね」と警戒心を強めた。ぶっつけ本番になったことについて指揮官は「いきなりG1は簡単ではないけど、追い切りを重ねて、さすがG1馬という雰囲気になってきた」と慎重な姿勢でも、まずまずの手応えをつかんでいる様子。「(ソダシとの)力差もそこまでないと思っている」と言い切った。オークス馬の意地にかけても、主役の座は渡さない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す