スマートフォン版へ

【府中牝馬S予想】やはり「格」は重視したい別定重量のGII戦

  • 2021年10月16日(土) 05時35分
 優勝馬にはエリザベス女王杯への優先出走権が与えられるレースで、別定重量のGII戦。強い馬が有利にレースを運べるはずだが、過去10年間で1番人気馬は1勝のみ。3番人気まで枠を広げても2勝2着5回3着6回と波乱傾向だ。それでも、勝ち馬を見れば10頭中9頭が前走で重賞競走、もしくはオープン特別を使ってきた馬。やはり「格」は重視したい。

 ◎マジックキャッスル愛知杯の優勝馬。勝ち味に遅く、いまだに2勝馬だが、これまで12戦して2着6回3着1回。掲示板を外したのは桜花賞のみという堅実派だ。函館競馬場で行われた前走のクイーンSは雨の良馬場。この馬向きの馬場ではなかったが人気を背負った馬らしく正攻法の競馬をしてクビ差2着。抜け出したところを格好の目標にされてしまった。長い直線の東京競馬場は3度走ってクイーンC2着で、ヴィクトリアマイル3着、オークス5着と堅実だ。連勝馬券の軸は、この馬か。

 〇シャドウディーヴァは昨年の2着馬。東京新聞杯で2着、3着経験があり東京競馬場は得意とする舞台だ。前走の関屋記念は好スタートに馬が戸惑ったような印象。1度下げてジリジリと伸びたものの弾けることなく7着。それでも、勝ったロータスランドから0.5秒差なら悲観するほどもない。

 ▲デゼル阪神牝馬S優勝馬。この時はマジックキャッスルにクビ差先着した。東京競馬場芝1800mコースは2戦2勝。デビュー2戦目のスイートピーSの印象は鮮烈で、オークスではデアリングタクトに次ぐ2番人気に支持されたほどだった。前走のヴィクトリアマイルは8着だったが、2着馬からは0.2秒差。この馬にとってはやや距離不足の印象もあるレースで、こちらも着順の印象ほど悪い内容ではなかった。

 △スマートリアンスイートピーS2着馬。条件戦を2連勝し、リステッドレースで2着を続けたあと京成杯オータムHは勝ち馬から0.1秒差4着と牡馬を相手に健闘を続けている。どちらかといえば広いコース向きで、この舞台はあっている印象だ。

 △ドナアトラエンテ福島牝馬Sハナ差2着。東京競馬場の芝1800mコースは5戦して2勝2着2回3着1回と得意にしている。雨の洋芝だった前走を度外視して狙いたい。

 最後に名前を挙げておきたいのは△リアアメリア。気難しい一面があるようで成績は安定しないもののローズSアルテミスSに勝っているくらいだから能力の絶対値は高い。すんなりと先行できるようならあっと言わせるシーンがあるかもしれない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す