スマートフォン版へ

クリソベリルが社台スタリオンステーションに到着

  • 2021年10月17日(日) 12時20分
 喘鳴症のため、10月13日付でJRAの競走馬登録を抹消したクリソベリル(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)が、種牡馬生活を送る社台スタリオンステーションに17日、到着した。

 同馬は父ゴールドアリュール母クリソプレーズ、母の父エルコンドルパサーという血統で、全兄に2016年コリアCの覇者クリソライト、半姉に2016年宝塚記念を制したマリアライトなどがいる。通算成績は11戦8勝。

【社台SS事務局・三輪圭祐氏のコメント】
「父のゴールドアリュールというより、母系のアロンダイトとかの力強さが強く出ているのかなとは思っていました。これぐらいの活躍(GI級競走を4勝)はデビュー当時から期待されていたと思いますので、評判通りに活躍をしてくれて、ゴールドアリュールの後継として無事に帰ってきてくれたのはうれしいです。

(ゴールドアリュールの後継には)すでに、エスポワールシチーコパノリッキーなどがいますが、GI馬の全妹にダートチャンピオンというわかりやすい配合ですし、種牡馬としても大活躍できるだろうと。近年はダート馬の需要も高まっていますが、厳しい戦いになるダート種牡馬界に殴り込みをかけるには十分な逸材だと思いますし、チャンピオンになってほしいなと思います」

(取材:山中博喜、構成:編集部)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す