スマートフォン版へ

【菊花賞】オーソクレース完璧リハ 脚取り軽快に楽々併入 ルメール「心身充実」

  • 2021年10月21日(木) 07時11分
 「菊花賞・G1」(24日、阪神)

 良血馬オーソクレースが20日、最後の1冠に向けて完璧な仕上げをアピールした。2週連続でルメールを背に美浦Wで併せ馬を行い、楽な手応えで併入。長期休養明けをひと叩きされての上昇ぶりをアピールした。

 強い北風が吹き荒れる美浦Wで、オーソクレースグランオフィシエ(3歳2勝クラス)を3馬身ほど追走する格好でスタート。ピタリと折り合いもつき、軽快なフットワークで前を追う。直線は内へ進路を取り、楽な手応えで馬体を合わせた。決して無理はせず、手に残る感触の良さを楽しむかのように、並んだままでフィニッシュラインを駆け抜けた。

 6F85秒2-38秒7-11秒8。もともとケイコは動くタイプではない。前走の最終リハでも反応は平凡だった。それが先週と同じく最後まで集中して走り切った姿に、2週連続でまたがったルメールは「いい追い切りだったよ。シャープになって、心身ともに充実した感じ。いいコンディションだね」と確実な成長を感じ取った。

 2戦2勝で臨んだ20年のホープフルSは2着。春のクラシックへ期待が高まったが、皐月賞は態勢が整わず回避すると、その後に右脛骨部の骨折が判明し、長期休養を余儀なくされた。復帰戦のセントライト記念では中団から鋭く伸びて3着に入り、久保田師は「まずは無事に送り出すことが目的で、半信半疑だったけど、改めて能力を感じさせてくれましたね」と振り返った。

 父は13年菊花賞&14年ジャパンC覇者エピファネイア。母は指揮官が管理し、15年エリザベス女王杯&16年宝塚記念を制したマリアライト。その初子からG1を狙える大器に出会え、「調教師冥利(みょうり)に尽きます」と目を細める。「前走は手探りだったけど、今回は菊へ向けてしっかりつくれました。秋1冠へ、悔いのない仕上げです」。タイトル獲りへ、万全の態勢で挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す