スマートフォン版へ

藤沢和師と秋の天皇賞 世代の壁破り史上初3歳馬戴冠のバブルガムフェロー

  • 2021年10月26日(火) 14時20分
 「天皇賞(秋)・G1」(31日、東京)

 これまで数々のタイトルを積み重ねてきた藤沢和雄調教師(70)=美浦=だが、最も手にしたのが5頭で6勝を挙げる秋盾だ。22年2月末で定年となる名伯楽にとって、21年のグランアレグリアは最後の挑戦。稀代の名トレーナーの過去の熱闘を振り返る。

  ◇  ◇

 朝日杯3歳S(現朝日杯FS)を制して世代のトップに立ち、スプリングSを勝っていざ皐月賞へ-。しかし、直前に右後肢の骨折に見舞われてしまう。日本の競馬界を席巻しつつあった、サンデーサイレンス産駒の2世代目にあたるバブルガムフェロー。春の2冠を棒に振ったのは痛恨だが、思いのほか回復が早かったのは幸いだろう。復帰のメドが固まると、藤沢和師は秋の天皇賞を大目標にすると発表した。

 父譲りのスピードを最も生かせる中距離。府中自体も歓迎だった。「左回りが得意。斤量の恩恵が2キロある上に左回りを走らせてもらえるので、すごくワクワクした記憶があります」とトレーナーは当時を振り返る。

 タイキブリザードとBCクラシックに挑戦する岡部に代わり、鞍上は蛯名が務めた。「蛯名君にはレース前に『受けて立つ競馬をしてもいい。それくらい強い馬だよ』と言った記憶があります」。3番手から正攻法の競馬でマヤノトップガンサクラローレルマーベラスサンデーといった歴戦の古馬を蹴散らし、史上初の3歳馬Vを達成。蛯名にとっても初めてのG1タイトルとなった。

 師はこの勝利を遠征先のカナダで知ったという。「帰りの飛行機で、テレビから天皇賞を制したニュースが流れてね。“この馬は私が管理しているのだよ”と、みんなに言いたかった」。ブリザードが13着に敗れた直後だけに、喜びもひとしお。自身最初の秋盾制覇は、非常に感慨深いものとなった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す