スマートフォン版へ

【BCディスタフレース後コメント】マルシュロレーヌ O.マーフィー騎手ら

  • 2021年11月07日(日) 16時32分
現地時間11月6日(土)にアメリカ合衆国カリフォルニア州のデルマー競馬場で行われたブリーダーズカップディスタフ(3歳以上G1・牝馬・ダート1800m)は日本から参戦したマルシュロレーヌ(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒67。2着にダンバーロード(米)、3着にマラサート(米)が入った。

レース後のコメント
1着 マルシュロレーヌ(O.マーフィー騎手)
「人気薄なのは分かっていましたが、それは気にせず、彼女が勝てるように全力を尽くし、勝利に導いてあげたいと思っていました。レース展開に恵まれた部分もありますが、彼女自身が素晴らしい走りをしてくれました」

(矢作芳人調教師)
「アメリカのダート競馬ということで半信半疑な部分はありましたが、そこまで力の差があるとは思っていませんでした。

 ハイペースなレース展開の中、位置取りが後方になったのはラッキーでした。ペースが速くなり前が崩れてくれる展開を想定していて、その通りになってくれました。

 3コーナーで手綱を持ったままだったので、もしかしたら勝てるかも、と思いました。入線時のスロー映像を見ると際どかったのですが、勝てて良かったです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す