スマートフォン版へ

【マイルCS予想】3歳世代の“スピード名人“は、タフな馬場状態でもしっかりこなせそう

  • 2021年11月21日(日) 11時32分
 昨年に引き続き、阪神競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ。阪神競馬場の芝1600mコースは桜花賞、そして牡、牝の2歳王者決定戦が行われるコースであり、舞台設定に不足はないが、昨年の第5回阪神開催は7月以来だったのに対して、今年は10月9日からの連続開催で芝コースの状態が気になるところだ。

 ◎シュネルマイスターNHKマイルC、そして毎日王冠の優勝馬。武器とする強靭な末脚は1戦毎に磨かれている印象で、安田記念ではダノンキングリーグランアレグリアに次ぐ3着で4着インディチャンプとの間に割って入り、毎日王冠では56キロを背負って33.0秒の末脚を発揮。そのダノンキングリーに雪辱を果たした。2000mの弥生賞タイトルホルダーに2着しているくらいだから、タフな馬場状態にもしっかりと対応してくれそうで、スプリンターズS天皇賞・秋に続く3歳世代の台頭に期待したい。

 〇グランアレグリアの実績には頭が下がる思いだ。休み明けの桜花賞を楽勝し、安田記念アーモンドアイを撃破。スプリンターズSでは完璧なレースをしたダノンスマッシュを直線だけで捕え、そして今年は大阪杯天皇賞・秋で距離の融通性も証明している。大阪杯は馬場状態に恵まれなかったのは残念だったが、それでもしっかりと見る者の記憶に焼き付けるような1戦だった。連覇を狙う王者らしい競馬を期待したい。

 ▲サリオスは一昨年の朝日杯フューチュリティS優勝馬で、皐月賞、ダービーともにコントレイルの2着だった。毎日王冠を楽勝して挑んだ昨年の本レースではメンバー最速となる33.1秒の末脚で追い込んだが5着。前半の半マイル通過が46.9秒で、後半の半マイルが45.1秒というスローペースに泣かされた格好になってしまった。大阪杯は道悪に泣かされ、安田記念は道中で不利もあった。まだ見限れない。

 阪神芝1600mの2歳コースレコード保持者△グレナディアガーズは昨年の朝日杯フューチュリティS優勝馬。NHKマイルC3着でもあり、世代を代表するトップマイラーの1頭だ。また、マイルチャンピオンシップはリピーターの多いレースとしても知られており一昨年の優勝馬で、昨年2着の△インディチャンプと、2度目のマイル戦となる△ダノンザキッドも押さえておきたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す