スマートフォン版へ

「母父キングヘイロー」重賞で驚異の好成績 イクイノックスが東スポ杯2歳S制覇

  • 2021年11月20日(土) 18時46分
 20日の東京11R・東京スポーツ杯2歳ステークス(GII)は、後方でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気イクイノックス(牡2、美浦・木村哲也厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、内で食い下がる4番人気アサヒ(牡2、美浦・金成貴史厩舎)に2.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。

 イクイノックスの父はキタサンブラックで、新種牡馬の父に産駒重賞初制覇をもたらした。母シャトーブランシュは2015年マーメイドS覇者で、その父はキングヘイロー

「母父キングヘイロー」は昨年までJRA重賞通算3勝だったが、今年はこれで重賞22戦8勝(勝率36.4%)。キングカメハメハの93戦7勝(7.5%)、ディープインパクトの90戦6勝(6.7%)など、名だたる種牡馬たちと比較しても圧倒的な好成績を収め、Twitterでは「母父キングヘイロー」がトレンド入りも果たした。

 キングヘイローの父は欧州の歴史的名馬ダンシングブレーヴ、母は米G1・7勝馬グッバイヘイロー。その「一流」の血が孫世代に入り、日本の競馬界にもトレンドを巻き起こしつつある。

【母父キングヘイロー 今年の重賞勝ち馬】
ピクシーナイトスプリンターズSシンザン記念
アサマノイタズラセントライト記念
イクイノックス東スポ杯2歳S
ディープボンド阪神大賞典(フォワ賞)
ヴァイスメテオールラジオNIKKEI賞
ウォーターナビレラファンタジーS
メイショウムラクモレパードS

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す