スマートフォン版へ

【京都2歳S展望】差す競馬で勝ち上がったあの馬に注目

  • 2021年11月23日(火) 06時00分
 重賞としては今年が8回目だが、オープン特別として開催された期間が長く秋の2歳中距離戦としてファンには馴染みが深い一戦。オープン特別時代の勝ち馬にはエピファネイアヴィクトワールピサなど「超」がつく大物の名前も見られる。

1.少頭数ながら持続力が問われる

 重賞昇格後の7回の平均出走頭数は9.6頭。オープン特別時代から少ない頭数で行われることが通例になっていて、今年も特別登録は11頭に留まった。少頭数でゆったりした流れになることで、スピードよりも末脚の持続力が問われるようなレースになりやすい。

2.差す競馬ができるか

 オープン特別時代も含めた過去10回で、前走の上がり3ハロンタイム1位だった馬が9勝で、2着も4回。阪神開催だった昨年も、ワンダフルタウンが10頭立ての6番手から差し切って勝利した。内回りコースで行われるレースだが差し馬が台頭してくる。

3.前走も2000mだった馬

 16年1月から11月14日までに行われた阪神芝2000mの2歳戦(新馬除く)の成績を、前走の距離別で見てみると、前走も2000mだった馬は連対率23.0%・複勝率33.2%なのに対し、前走1800mの馬は連対率15.4%・複勝率26.2%、前走1600mの馬は連対率9.3%・複勝率11.6%。距離延長組より前走も2000mだった馬が優勢。

 キャンデセントは新馬戦のレースレベルに疑問符は付くが、タフな馬場状態の2000mを差し切ったということを評価。一度使ったことで調教の動きは良化しており、2戦目も勝ち負けを期待したい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す