スマートフォン版へ

【地方競馬】仮認定外国人厩務員を競馬法違反容疑で逮捕 兵庫県競馬組合で業務に従事

  • 2021年11月23日(火) 18時05分
 兵庫県競馬組合は本日23日、西脇馬事公苑において、仮認定で業務している外国人厩務員が、競馬法違反容疑で逮捕されたことを発表した。

 当該外国人厩務員は、11月2日に厩務員としての認定申請があり、面接ならび必要な書類を受理した後、同9日から仮認定厩務員として従事していた。

 認定のための各種調査・照会を行っていたところ、インターネット投票事業者から会員としての登録ならびに勝馬投票券の購入が判明したため、兵庫県警に通報したもの。

【兵庫県競馬組合管理者 荒木一聡氏のコメント】

「この度、当競馬組合西脇馬事公苑の外国人仮認定厩務員による競馬法違反容疑事案が発生し、競馬ファンの皆様並びに園田競馬を支援していただいております関係者の皆様の信頼を裏切る事になり大変遺憾に思っております。

 当競馬組合としては、引き続き警察による徹底した捜査をお願いするとともに、捜査結果等を踏まえ、厳正な対応をしてまいります。

 競馬ファンの皆様が、今後も安心して馬券を購入していただけるよう、全力をあげて公正な競馬開催に取り組んでまいります」

(兵庫県競馬組合のリリースより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す