スマートフォン版へ

【ジャパンC「見逃せない調教師」ベスト3】東京芝2400mで連対率50.0%を記録する調教師は?

  • 2021年11月25日(木) 20時58分
 ジャパンカップに管理馬を登録している14人の調教師のうち、2016年以降の東京芝2400mにおける3着内数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出(最少レース機会数10)。ジャパンカップで、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

※なお、特別登録後にカレンブーケドールの回避が発表されたため、同馬を管理する国枝栄調教師はデータから除外している。

 3位は矢作芳人調教師。集計期間内に東京芝2400mで6勝を挙げている。6勝の中には、19年オークス(ラヴズオンリーユー)、20年ダービー(コントレイル)も含まれており中身は濃い。複勝回収率が92%と高く、馬券的にも頼りになる存在だ。
 
 今年はコントレイルが出走予定。同馬はこれが引退レースとなる。日本ダービーを制した舞台で有終の美を飾れるか。

 2位は友道康夫調教師。集計期間内に東京芝2400mで8勝をマーク。こちらは、8勝の中に16年ダービー(マカヒキ)、17年ジャパンカップ(シュヴァルグラン)、18年ダービー(ワグネリアン)が含まれている。19年のジャパンカップは4頭出し、20年のジャパンカップは3頭出し。コンスタントに出走馬を送り込んでいることこそが、友道厩舎の厩舎力の高さの証明だろう。今年もマカヒキユーキャンスマイルワグネリアンが出走予定。

 第1位に輝いたのは藤原英昭調教師だ。集計期間内に東京芝2400mで6勝。28回出走して14連対はさすがの数字で、複勝回収率も88%と悪くない。何と言っても、今年のダービーシャフリヤールで制したのが記憶に新しいところだ。

 今年はそのシャフリヤールジャパンカップに挑む。前走の神戸新聞杯では思わぬ不覚を取ったが、敗因は不良馬場に尽きるだろう。毎日杯で日本レコードタイとなる1.43.9を記録し、ダービーではラスト3Fで11.5-10.8-11.6を刻む流れを差し切りと極上のスピードを見せてきた。良馬場なら巻き返しは必至だ。4世代のダービー馬が激突する世紀の一戦だが、厩舎データ的には、今年のダービー馬を最上位としたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す