スマートフォン版へ

サリエラ 国枝師が初戦心待ち「動きは及第点」 異父兄は19年2歳王者サリオス

  • 2021年11月26日(金) 06時08分
 「新馬戦」(28日、東京)

 19年朝日杯FS覇者サリオスを異父兄に持つサリエラ(牝2歳、父ディープインパクト、美浦・国枝)が、ルメールを鞍上に日曜東京6R(芝1800メートル)でデビューする。500キロを優に超える兄とは違い、420〜30キロ台の小柄な馬体。

 国枝師は「もう少し弾みというか、飛んでくるというか、エネルギッシュさが欲しい」と辛口だが、それも期待の表れ。「調教の動きは及第点」と初戦を心待ちにしていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す