スマートフォン版へ

【ラジオNIKKEI杯京都2歳Sレース後コメント】ジャスティンロック松山弘平騎手ら

  • 2021年11月27日(土) 19時03分
阪神11Rの第8回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(2歳GIII・芝2000m)は5番人気ジャスティンロック(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒3(良)。半馬身差の2着に9番人気ビーアストニッシド、さらにハナ差の3着に2番人気フィデルが入った。

ジャスティンロックは栗東・吉岡辰弥厩舎の2歳牡馬で、父リオンディーズ母フラワーロック(母の父アッミラーレ)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 ジャスティンロック(松山弘平騎手)
「道中は折り合いに専念し、リズム良く運ぶことができました。しっかり脚も溜まっていましたし、早めに動いて行く形でしたが、しっかり押し切ってくれて、強い内容だったと思います。これからまだまだ良くなってくる馬ですし、この時点でこれだけ高いポテンシャルを見せて良い走りをしてくれているので、この先が本当に楽しみな馬です」

2着 ビーアストニッシド(飯田雄三調教師)
「距離は持ちますね。パドックでうるさくて急遽先出しでした。物見をしながらでしたが、かえって良かったかもしれません。だいぶテンションが上がってきていますし、この後は未定です」

3着 フィデル(川田将雅騎手)
「今はまだ動き切れなくて、まとまった走りがまだ出来ないです。それでも精一杯頑張ってくれたんですが、これからの成長が楽しみです」

4着 ポッドボレット(岩田望来騎手)
「ポジションはもう少し前が良かったのですが、リラックスして走っていました。内でごちゃつくのは嫌だったので、外へ持ち出してすごく反応は良かったです。もっと良くなる余地があります」

5着 シホノスペランツァ(浜中俊騎手)
「馬の感じは使うごとに良くなっていて、素軽さは出ています。動ける位置にいたかったのですが、動けずでした。持久力を活かすような競馬をしたかったのですが、やりたい競馬ではなかったです。重賞のメンバーで内容のある形で走れましたし、この先楽しみが持てると思います」

6着 トゥデイイズザデイ(武豊騎手)
「ゲートでずっと暴れていました。出はしょうがないとしても、3コーナーが痛かったです。勢いをつけた時に目の前でアクシデントがあって、あれでハミが抜けてしまい、かからなくなってしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す