スマートフォン版へ

【チャンピオンズC】ソダシ万全の行進 芝砂“二刀流”制覇へ単走でラスト1F自己最速タイ

  • 2021年12月02日(木) 13時35分
 「チャンピオンズC・G1」(5日、中京)

 初ダートでJRA・G1制覇という史上初の快挙を目指す白毛のアイドル・ソダシは1日、吉田隼を背に栗東坂路で単走。序盤はゆったりと入ったが、一完歩ごとに加速。ラストも左の肩ムチで刺激を与えた程度だったが、首と四肢がしっかりと連動し、馬場の中央を真一文字に駆け上がる。4F51秒8-37秒7-11秒8と、1Fごとに速くなる理想的なラップを刻み、好調をアピールした。秋華賞10着からの巻き返し、新たな伝説誕生へ。仕上がりに抜かりはない。以下、吉田との一問一答。

  ◇  ◇

 -ダート適性について。

 「2歳のころから、血統的に楽しみだと思っていました。芝で結果が出ていたのでなかなか試せなかったが、血統的にも、走り方でも期待できると思います」

 -追い切りでの感触は。

 「先々週、先週としっかりメニューをこなしてきています。きょうも変わらず良かったですね。放牧を入れて帰ってきたのでフレッシュな感じ。いい意味でピリピリ感はなくなってきています」

 -今回の舞台設定をどう考えているか。

 「ダートは初めてですし、スタート、ポジショニング、いろいろ気にする部分はあります。枠が出てから考えたいです。与えられた枠で考えるほかないですね」

 -ダート初挑戦がG1になるが。

 「ダートのトップレベルの馬と戦うのは酷なんですが、今までいろいろな壁を越えてきた馬。楽しみにしています。今年は『二刀流』という言葉が話題になった。何とかソダシにも二刀流になってもらいたい。懲りずに優しい目で応援してもらえたらと思います」

  ◇  ◇

 以下、須貝師と一問一答。

 -今回参戦する経緯は。

 「秋華賞が終わってからいろいろ考えたのですが、距離、血統、レース間隔、馬の具合、負担重量など考えて、ここではないかとオーナーに打診しました。オーナーからは『いいよ』とのお言葉を頂いて、ここに決まりました」

 -追い切りの動きは。

 「(吉田隼には)雰囲気を感じながら、自分の思うように乗ってくれと指示しました。精神面がすごく落ち着いています」

 -前走はゲートで歯をぶつけてしまったが。

 「そこはもう全然問題ないですよ」

 -中京ダート1800メートルのイメージは。

 「前が残る競馬を多く感じる。その点、ソダシのゲートは速い方。枠にもよるし、なにぶん初めてのところにはなるけれど、枠が出てから(吉田)隼人との話にもなる。出てから作戦ですね」

 -人気も話題も集める。

 「なにせ初めてづくしのことが多いですからね。あくまで挑戦者の気持ちで臨みたい。変わらず応援をよろしくお願いします」

  ◇  ◇

 今回の追い切りで一番に注目すべき点は単走で追われたことだ。ソダシの最終追い切りが併せ馬でなかったのは、20年の阪神JF以来5戦ぶり。これまでも併せた相手はしっかりとかわしてきたが、かわした後、気を抜くような面が見られ、良くも悪くも相手なりの調整になっていた点を考慮したものだ。吉田隼は「1頭でしっかりと走らせるということをやりたかった」と意図を説明する。

 久々の調整法であったにも関わらず、栗東坂路でラスト1F11秒8(強め)は自己最速タイ。21年3月31日の桜花賞1週前追い切りでも同タイムを記録したが、当時は一杯に追われてのもの。今回は余力十分に、ミッションを見事にクリアした。短期放牧の効果で、馬もフレッシュ。状態は申し分ないと言えそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す