スマートフォン版へ

【イルミネーションJS】(中山) レオビヨンドが外から脚を伸ばして快勝

  • 2021年12月04日(土) 16時05分
中山8Rのイルミネーションジャンプステークス(障害3歳以上オープン・芝3570m)は2番人気レオビヨンド(平沢健治騎手)が勝利した。勝ちタイムは4分02秒0(良)。5馬身差の2着に1番人気アサクサゲンキ、さらにクビ差の3着に10番人気ノーリミッツが入った。

レオビヨンドは栗東・高柳大輔厩舎の5歳牡馬で、父ダンカーク母ワタシマッテルワ(母の父オレハマッテルゼ)。通算成績は33戦5勝。

レース後のコメント
1着 レオビヨンド(平沢健治騎手)
「スタートは速くなく、道中はコースロスがないように、ずっと内で我慢させていました。本場向きの馬で、飛びにミスなく、最後の障害の手前から追い上げて最後差し切ってくれました。思った以上の競馬をしてくれて、良い内容でした。中山大障害では僕は乗る馬が他にいるので乗れませんが、次に向けて良い勝ち方だったと思います」

2着 アサクサゲンキ(熊沢重文騎手)
「理想的な形でした。前の馬がバテるのを待つ形でしたが、いつもの手応えが無かったのは距離でしょうか。これで2着に残ったのは大したものです。勝った相手を褒めるしかないでしょう」

3着 ノーリミッツ(北沢伸也騎手)
「ペースが速く、折り合いがつきました。休み明けでも頑張っていました。手応えが無くなっても、もうひと伸びしてくれました」

4着 ビレッジイーグル(大江原圭騎手)
「逃げようと思いましたが、一頭速い馬がいました。飛びは安定していて、最後まで頑張ってくれました。終いの脚がワンパンチ足りないところがありますが、来年良くなればと思います」

5着 ブラゾンダムール(西谷誠騎手)
「中山は走ります。バンケットが上手いです。今日は勝ちに出た分の着順でした。次は関係者と協議して、中山大障害か、新春ジャンプステークスになると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す