スマートフォン版へ

【阪神JF】リコリス 泉谷楓真がG1初騎乗初制覇狙う 10代最後に挑む大舞台

  • 2021年12月08日(水) 06時00分
 「阪神JF・G1」(12日、阪神)

 デビュー2年目の泉谷楓真騎手(19)=栗東・本田=が、函館2歳S覇者ナムラリコリスとのコンビで自身初のG1舞台に立つ。18日が20歳の誕生日で、これが10代最初にして最後の大一番だ。前走で、ともに重賞初制覇を飾った思い入れのあるパートナー。その力を存分に引き出し、現役3人目となるG1初騎乗初Vの快挙達成を目指す。

 未知の大舞台を前にしても、泉谷に気負いはない。あるのは、強い決意だけだ。デビューからコンビを組み、函館2歳Sを制したナムラリコリスで、自身初のG1に挑む。「緊張はないですね。自分で重賞を勝たせてもらった馬でG1に乗れるのはうれしい。しっかり結果を出せるよう、馬の持ち味を引き出す競馬ができれば」と目を輝かせた。

 今回は約5カ月ぶりの実戦。1週前追い切りでは栗東CWでの併せ馬に騎乗し、シゲルトビウオ(2歳未勝利)を5馬身後方から追走した。直線でしっかり追われると、6F80秒3-37秒6-12秒9をマークして2馬身半先着。「息はできています。少し物見をしてフラフラするところがあったので、そこが今週の追い切りで良くなれば」と、さらなる上積みを期待した。

 7日現在で、デビューした20年に挙げた19勝の倍以上となる43勝をマークしているが、「まだうまく対応できないところはあります。たくさんいい馬に乗せてもらっているだけです」と現状に満足はしていない。そんな成長途上の自分に巡ってきたチャンス。手綱を託してくれた関係者への感謝を胸に、決戦に臨むつもりだ。

 18日に20歳の誕生日を控える若武者は、「10代最後に大きな舞台に臨めるのはありがたいです。一生懸命走ってくれるし、レースセンスがあるのが持ち味。いい位置で運んで、早めに抜け出すような競馬ができれば」と意気込む。勝てば、熊沢、江田照に続く、現役3人目となるJRA・G1初騎乗初制覇の快挙。懸命の手綱さばきで、競馬史に新たな栄冠を刻む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す