スマートフォン版へ

【阪神JF 血統データ分析】ディープインパクトと肩を並べるエピファネイア

  • 2021年12月09日(木) 12時20分
 12日に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳・牝・GI・芝1600m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる7回の馬券絡みがディープインパクト。次点で3回のダイワメジャーステイゴールドクロフネハーツクライが続く。

 ディープインパクト産駒は[3-2-2-10]。11年ジョワドヴィーヴル、14年ショウナンアデラ、18年ダノンファンタジーの3頭が勝ち馬として名を連ねており、昨年もサトノレイナスがハナ差2着の惜敗を喫していた。なお、1〜5人気[3-2-2-4]、6人気以下[0-0-0-6]、3着以内に好走した7頭は5人気以内の支持を集めた上位人気馬に限られる。今年は抽選対象のスプリットザシーパーソナルハイの2頭が該当。

 初出走となるシルバーステート産駒はウォーターナビレラが上位人気と目される。同種牡馬は阪神芝1600mで[0-0-0-7]と好走例がないものの、7頭のうち5頭は単勝28倍以上の人気薄でもあった。なお、ディープインパクトの後継種牡馬としてはキズナが産駒初出走で2着(19年マルターズディオサ)となっている。

 同じく初出走となるエピファネイア産駒はサークルオブライフタナザウィング(抽選対象)の2頭が特別登録。同種牡馬は阪神芝1600mで[9-10-7-48]複勝率35.1%とディープインパクト([117-93-90-530]複勝率36.1%)に匹敵する好走率を記録しており、とくに牝馬は7勝を挙げるなど[7-5-6-29]複勝率38.3%と活躍が目立つ。

 ロードカナロア産駒は[0-0-0-3]。内訳は17年グリエルマ(13人気7着)、19年ヤマカツマーメイド(7人気5着)、19年ボンボヤージ(10人気10着)。思いのほか出走例が少なく、上位人気の支持を集めていた馬も皆無であることを考慮すれば、全頭人気以上の着順で入線していることを評価したい。今年はキミワクイーンステルナティーアの2頭が該当する。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す