スマートフォン版へ

【勝負の分かれ目 朝日杯FS】理想的なレースで武豊騎手が朝日杯FSを初制覇

  • 2021年12月19日(日) 19時14分
 無敗馬6頭を含む15頭が、第73回朝日杯フューチュリティステークスのゲートを飛び出した。

 3番アルナシームが立ち遅れた以外は、ほぼ横並びのスタートを切った。

 武豊が乗る3番人気のドウデュースもスムーズにゲートを出て、中団馬群の外目で折り合いをつけた。

「手のかからない馬で、周りを見ながらレースができる。リズムがすごくよくて、いいポジションにおさまりました」と武。

 1番人気のセリフォスは掛かり気味に先行し、ドウデュースより3馬身ほど前にいた。

 前半600m通過は34秒3。ドウデュースは、少し位置取りを下げてきたダノンスコーピオンの外に併せる形になった。

 800m通過は46秒2。馬群は先頭から最後方まで12、3馬身の縦長に。

 ドウデュースは3、4コーナーを回りながら少しずつ先行勢との差を詰め、セリフォスを1馬身半ほど前の内に見る形で直線に向いた。武は言う。

「(有力馬が近くにいたのは)たまたまです。手応えよく直線に向いて、(追い出しを)待つ余裕がありました」

 ドウデュースは大外に進路を取った。ラスト400m付近で内のオタルエバーに寄られるシーンもあったが、怯むことなく末脚を伸ばす。

 ラスト200m地点でセリフォスが先頭に立つと、ドウデュースはその外に馬体を併せに行った。さらに内からはダノンスコーピオンも差を詰めてくる。

 そこからドウデュースセリフォスの叩き合いとなったが、終始ドウデュースが優勢だった。ドウデュースが内のセリフォスに半馬身差をつけ、先頭でゴールを駆け抜けた。スタンドから大きな拍手が沸き起こった。

「さすがに相手も強くて、しぶとかったけど、ドウデュースが最後まで一生懸命走ってくれました。初めて乗ったときからいい馬で、一戦ごとに強くなっていて、まだまだ強くなりそうな予感があります」

 そう話した武は、22回目の参戦で、ついに朝日杯フューチュリティステークスを制し、GIコンプリートまで、ホープフルステークスを残すのみとなった。

 セリフォスと、3着のダノンスコーピオンは、道中、掛かり気味になっていたが、それでも最後まで伸びていた。今日は、スムーズに折り合い、理想的なタイミングで仕掛けることのできたドウデュースに軍配が上がったが、今後も顔を合わせることがあれば、接戦になりそうだ。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す