スマートフォン版へ

【阪神C 枠順データ分析】偶数馬番の好成績が目につく

  • 2021年12月24日(金) 12時06分
 25日に阪神競馬場で行われる阪神カップ(3歳上・GII・芝1400m)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる4回の馬券絡みが10番。3回で2番、6番、13番、15番が続き、2回が3番、5番、8番、12番、16番となっている。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 2-1-1-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率49%
2枠 1-0-1-18/20 複勝率10.0% 複勝回収率55%
3枠 2-1-2-15/20 複勝率25.0% 複勝回収率103%
4枠 1-0-2-16/19 複勝率15.8% 複勝回収率125%
5枠 1-2-1-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率83%
6枠 0-1-1-18/20 複勝率10.0% 複勝回収率24%
7枠 3-1-1-21/26 複勝率19.2% 複勝回収率67%
8枠 0-4-1-22/27 複勝率18.5% 複勝回収率64%

偶数 5-9-4-68/86 複勝率20.9% 複勝回収率88%
奇数 5-1-6-74/86 複勝率14.9% 複勝回収率53%


 阪神の内回りコースということで、内枠有利の印象を持っている方も多いかもしれないが、複勝率は内外で拮抗している。最初のコーナーまで距離があることで、外枠の不利が軽減されているのだろう。1枠2枠ともに複勝回収率が低く、内枠というだけで買われ過ぎている印象だ。

1〜2番人気の複勝率が35.0%しかなく、人気馬が苦戦。なかでも8枠で1〜2番人気に支持された3頭はすべて着外に敗れている。頭数が揃うレースなので、さすがに外を回らされると実力上位でも厳しいということだろう。

また、偶数奇数だと、偶数馬番が複勝率、複勝回収率ともに奇数を大きく上回っている。位置取り勝負になりやすいレースなので、ゲートの不安が軽減される偶数の方が有利なのかもしれない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す