スマートフォン版へ

【中山大障害レース後コメント】オジュウチョウサン石神深一騎手ら

  • 2021年12月25日(土) 18時04分
中山10Rの第144回中山大障害(障害3歳以上GI・芝4100m)は2番人気オジュウチョウサン(石神深一騎手)が勝利した。勝ちタイムは4分46秒6(稍重)。3馬身差の2着に10番人気ブラゾンダムール、さらに5馬身差の3着に4番人気レオビヨンドが入った。

オジュウチョウサンは美浦・和田正一郎厩舎の10歳牡馬で、父ステイゴールド母シャドウシルエット(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は36戦19勝。

レース後のコメント
1着 オジュウチョウサン(石神深一騎手)
「久しぶりに勝利することが出来て嬉しいです。有力馬を見ながらレースをするつもりでしたが、主張していく馬がいなかったのと、ペースも速くなかったので、前でレースをすることに切り替えました。2周目の2コーナーからは外めを主張して、いつでも動けるように運びました。この馬には感謝しかないですね」

2着 ブラゾンダムール(西谷誠騎手)
「勝負にいって負けてしまいました。結果的にもうひと呼吸置いた方が良かったのかもしれませんが、オジュウチョウサンに一度並びかけましたが、(オジュウチョウサンは)また伸びていました。最後は貫録負けです」

3着 レオビヨンド(植野貴也騎手)
「ジリジリと伸びてバテないのがこの馬の持ち味です。このメンバーと対戦して、良い経験になりました。5歳でこれからまだ良くなると思います」

4着 ラヴアンドポップ(白浜雄造騎手)
「初めてのコースでしたが、良い位置でレースが出来ました。馬はパーフェクトでしたが、僕が上手く誘導することが出来ませんでした。無事なら次は楽しみだと思います」

5着 ビレッジイーグル(大江原圭騎手)
「ハナに行って自分の競馬はしてくれました。ただ物見をしていて、その分この長い距離を走ってくれたと思います。まだ4歳馬で、障害馬としてはこれからだと思います。5着に来れたのは立派でした」

7着 タガノエスプレッソ(平沢健治騎手)
「調子は悪くありませんでしたが、道中の手応えが悪かったです。いつもよりハミの取り方も浅かったです。ただ、これという敗因は分からないです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す