スマートフォン版へ

【阪神Cレース後コメント】グレナディアガーズ C.デムーロ騎手ら

  • 2021年12月25日(土) 18時02分
阪神11Rの第16回阪神カップ(3歳以上GII・芝1400m)は3番人気グレナディアガーズ(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒3(良)。1馬身半差の2着に4番人気ホウオウアマゾン、さらにクビ差の3着に2番人気ダノンファンタジーが入った。

グレナディアガーズは栗東・中内田充正厩舎の3歳牡馬で、父Frankel母ウェイヴェルアベニュー(母の父Harlington)。通算成績は9戦3勝。

レース後のコメント
1着 グレナディアガーズ(C.デムーロ騎手)
「(日本での重賞制覇は)久しぶりですね。本当に嬉しいです。直線ではすごく良い手応えでした。瞬発力があって、すごく良い走りが出来ました」

2着 ホウオウアマゾン(坂井瑠星騎手)
「正直マイルCSの時と比べると状態は今ひとつでしたが、それでも終いの伸びは良いものがありました。改めて能力の高さを感じました。来年が楽しみです」

3着 ダノンファンタジー(藤岡佑介騎手)
「スタートが決まり、理想は外の3番手でしたが、行く馬がいたので一列下げる形になりました。内に押し込まれる感じでしたが、我慢して走りましたし、抜け出した時は押し切れると思いました。最後は勝ち馬の脚が上でしたが、この距離は安定して走ってくれます」

4着 タイセイビジョン(三浦皇成騎手)
「折り合いは大丈夫でした。故障した馬の影響を受けましたが、上手くリカバーしてくれました。終いは良い脚で伸びたのですが、残り100メートルで甘くなりました。今回は強い相手になっても、よく頑張っています。1200メートルがベストですが、折り合いさえつけば1400メートルまで大丈夫でしょう」

5着 サウンドキアラ(武豊騎手)
「スムーズなレースは出来ましたが、決め手の差は出たと思います」

6着 セイウンコウセイ(勝浦正樹騎手)
「故障した馬の影響で、バランスを崩すところがありました。そこからよく伸びてくれました。改めて力を示してくれました。あの不利が残念でした。これが最後のレースということで寂しいです」

15着 ソングライン(池添謙一騎手)
「ポジションは良いところにつけられたと思ったのですが、3コーナーで一気に手応えがなくなりました。外を回す余裕もなかったです。1400メートルという距離なのか、久々の右回りなのか、敗因は分かりません。いつもの感じと違いました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す