スマートフォン版へ

2021年のJRAリーディングジョッキーはルメール騎手、リーディングトレーナーは中内田充正調教師

  • 2021年12月28日(火) 19時30分
2021年の中央競馬は今日28日をもって全日程を終了した。JRAリーディングジョッキーは年間199勝(うち重賞17勝)を挙げたクリストフ・ルメール騎手(栗東・フリー)となり、5年連続5度目のリーディングジョッキーとなった。またJRA賞の騎手3部門は以下の通りとなった。

JRA最多勝利騎手 クリストフ・ルメール騎手
JRA最高勝率騎手 川田将雅騎手
JRA最多賞金獲得騎手 クリストフ・ルメール騎手

クリストフ・ルメール騎手のコメント
「5年連続のリーディングで、今年も良いパフォーマンスを発揮できました。1月からリズム良く勝つことができ、また、騎乗停止も怪我もなく乗れたのが良かったと思います。特にGIレースを5勝できたのがすごく良い思い出になりました。皆様のお陰で良い馬にも乗せてもらいました。今年はずっとお客様が競馬場に来ることができて良かったです。
 競馬場やテレビの前で応援してくださった皆様、ありがとうございます。2歳馬も含め楽しみな馬がたくさんいますし、来年も良い結果を出せるよう頑張りたいと思います」

JRAリーディングトレーナーは、年間54勝(うち重賞5勝)を挙げた中内田充正調教師(栗東)となった。中内田充正調教師は2014年の開業以来、初のリーディング獲得。

中内田充正調教師のコメント
「これは個人のタイトルではなく、厩舎スタッフ、厩舎に関わっていただいている方々、馬を勝利に導いてくれたジョッキー、牧場関係者の頑張りに対してのものです。オーナーをはじめ、関係者に喜んでいただけるよう、チーム一丸となって来年も頑張ります。また、ファンの方々に応援していただける馬を育てていきたいです」

なお、JRA賞調教師部門およびその他騎手部門(「MVJ」含む)は、地方・海外の指定レースでの成績を含むため、2022年1月4日(火)に発表される予定。

(JRA発表)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す