スマートフォン版へ

【シンザン記念】ラスール反応抜群 藤沢和厩舎“最後の大物”タイ獲ルへ好気配

  • 2022年01月07日(金) 06時05分
 「シンザン記念・G3」(9日、中京)

 2月末で定年解散する藤沢和厩舎が送り出す“最後の大物”ラスールが6日、美浦Wの併せ馬で楽々と先着。無傷2連勝での重賞獲りへ、好ムードを漂わせた。

 “グランアレグリア2世”の呼び声高いラスールが、抜群の反応でタイトル獲りをアピールした。

 最終リハは美浦Wでの併せ馬。木幡育(レースはルメール)を背に先行するゼノヴァース(5歳障害未勝利)を2馬身ほど追走。ガッチリと手綱を押さえて、道中の折り合いは十分。直線で内に潜り込むと、終始馬なりではあったがスピードの違いで楽々と抜け出し、6F85秒2-40秒5-12秒6のタイムで1馬身先着を果たした。

 10月東京の新馬戦を3馬身半差で圧倒。騎乗したルメールが「新しいグランアレグリアだね。いい瞬発力」と、コンビでG1・6勝を挙げた名牝を引き合いに出したほどの逸材だ。大江原助手も「もともと走りたい馬だけど、その中で普通に我慢ができている。グランもそうでしたね。反応が良く、周りを気にするところはあるけど、すぐに正常に戻る。それも一緒。この時期だと、チャカチャカするもんですけどね」と頼もしそうに見つめた。

 デビュー2戦目で、牡馬を相手にしての関西遠征。もちろん、春を見据えてのことだ。あのアーモンドアイがぶっちぎったのは4年前のこと。「気持ちの面からも、輸送は問題ないでしょう。もともとスピードはあるけど、今回は力強さも出てきた印象が強いですね」と確実な成長ぶりに目を細める。

 2月末で定年解散する名門・藤沢和厩舎にとって、文字通り“最後の大物”。ここはあくまで通過点。どんなパフォーマンスで夢を広げてくれるか、楽しみでしかない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す