スマートフォン版へ

【初春S】(中山) 8歳馬アーバンイェーガーが一気に伸びてオープン入り

  • 2022年01月08日(土) 16時50分
中山10Rの初春ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1200m)は4番人気アーバンイェーガー(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(稍重)。半馬身差の2着に6番人気ジョーフォレスト、さらにクビ差の3着に1番人気クインズメリッサが入った。

アーバンイェーガーは美浦・高橋文雅厩舎の8歳牡馬で、父エンパイアメーカー母マイグリーン(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は45戦5勝。

レース後のコメント
1着 アーバンイェーガー(吉田豊騎手)
「この前の競馬でゲートの中でもうるさくなくなって、ポンと出るようになりました。折り合いに専念して、馬の後ろで我慢することも分かって、最後は脚を使うようになりました。最後までやめないで走っていました。馬が良くなっています」

2着 ジョーフォレスト(北村宏司騎手)
「惜しかったです。あそこまで苦労するとは思っていませんでした。促しているのですが、後方にいました。3コーナーからは進みが良くて、インから捌いていきました。ラストは良い脚だけに残念でした。もう少しでした」

3着 クインズメリッサ(藤懸貴志騎手)
「昇級初戦で初めての輸送でしたが、心身の成長が今一番良いです。ゲートでうるさかった馬が落ち着いてきました。動きも良かったので、良い競馬が出来るだろうと思っていました。前が競り合って、絶好の4番手につけられました。逃げ馬は交わしましたが、後ろから来た2頭に交わされてしまいました。それでもメドが立ちましたし、能力があることが再確認出来ました。スピードを活かせる1200メートルが良いですね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す