スマートフォン版へ

【次走】フェアリーS覇者ライラックは桜花賞に直行

  • 2022年01月12日(水) 20時58分
 10日のフェアリーSを制したライラック(牝3、美浦・相沢郁厩舎)は、4月10日に阪神競馬場で行われる桜花賞(3歳牝・GI・芝1600m)に直行する見込みであることがわかった。

 ライラックは父オルフェーヴル母ヴィーヴァブーケ、母の父キングカメハメハ。半兄に2019年の札幌2歳Sを制したブラックホール(父ゴールドシップ)がいる血統。通算成績は3戦2勝。

 昨年10月に東京競馬場の2歳新馬戦でデビュー。牡馬に混ざった一戦だったが、1番人気に応えて勝ち上がりを決めた。次走には京都2歳Sを選択し、2戦連続で牡馬との対決を選んだが、初の関西圏輸送などもあり8着に終わった。

 巻き返しを期した今年のフェアリーSでは最後方からの競馬となったが、向正面から進出を開始すると4コーナーでは先団にとりつき、鋭く差し脚を伸ばして重賞初制覇を飾っている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す