スマートフォン版へ

【京成杯】テンダンス躍動 2週続けて“元気一杯” 中竹師「完成度高い」

  • 2022年01月13日(木) 12時10分
 「京成杯・G3」(16日、中山)

 雪で真っ白になった栗東坂路で12日、テンダンスが躍動した。年明け初戦は皐月賞と同じ舞台の中山芝2000メートル。大きな可能性を秘めた期待馬が、重賞初制覇を目指して勇躍東上する。

 午前7時の馬場開場直前の栗東トレセンは、コースも坂路も真っ白。しかし、テンダンスが坂路に登場した午前7時20分ごろには、もう雲の間から青空ものぞき始めた。和田竜を背に単走で軽やかに駆け上がって、4F52秒2-37秒1-12秒0をマーク。ラストまで力強いフットワークに乱れはなかった。中7週とやや間隔はあいたが、仕上がりに不安は全く感じさせない。

 動きを見届けた中竹師も納得の表情を浮かべる。「5日も坂路で(4F51秒5-12秒2)一杯にやったけど、きょうも一杯に追いました。ラスト2Fは24秒(23秒9)を切っているし、見るからに迫力ある動きでした。満足しています」と自信をのぞかせながら話した。

 中間は大山ヒルズ(鳥取県)でリフレッシュ放牧。ここから逆算して1カ月前に帰厩し、順調に乗り込んできた。厩舎の先輩で8歳にして現役の半兄カデナと比較して、指揮官は「カデナはこの時期にまだ緩い感じがあった。テンダンスは年齢なりに完成されている。同じ時期で比べると弟の方が完成度が高い」と高く評価する。

 兄は2歳時に京都2歳Sを勝ち、年明け初戦の弥生賞も制した。それをしのぐ完成度の高さがあるなら、重賞勝ちの期待が懸かるのも当然だろう。「ここは今後を占う試金石。大事な1戦です。しっかり仕上げて送り出したい。関東圏への遠征も2回目。輸送もこなしてくれる」とトレーナー。皐月賞と同じ舞台で、クラシック戦線の中心に名乗りを上げてみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す