スマートフォン版へ

【東海S】白毛馬ハヤヤッコ大駆けあるゾ 斤量減&コース変わりもプラス 

  • 2022年01月19日(水) 06時05分
 「東海S・G2」(23日、中京)

 近況は安定感を欠いているハヤヤッコだが、ハマった時の爆発力は侮れないものがある。最重量59キロ+右回りの阪神と、不向きな条件だった前走9着は完全に度外視。斤量56キロ&得意の左回りと文句なしの舞台設定なら、19年レパードS以来の重賞タイトルに手が届いてもおかしくはない。

 好走と凡走を繰り返し、「当てにしづらい」と国枝師もお手上げの気分屋ハヤヤッコ。ただ、4走前のようにハマった時の末脚は鮮やかなもの。条件がマッチするかどうか-そこが鍵を握る。

 近4戦は全て57・5キロ以上を背負っての勝負だったが、今回は56キロで出走。特に前走が59キロだっただけに「斤量はいいよね」と国枝師も3キロ減を歓迎する。そして、重賞Vを含むオープン級3勝が全て左回りだったように、前回の阪神から中京へのコース変わりもプラスに働きそうだ。

 体調も引き続き良好。1週前には美浦Wでアンティシペイト(5歳オープン)と併せ、6F84秒6-37秒9-11秒6を馬なりでマーク。半馬身遅れてのフィニッシュにはなったが、もともとが調教駆けしないことを考えれば評価できる内容だ。

 最終追いを翌日に控えた18日は、美浦坂路を1F17秒程度のキャンターで登坂。純白の馬体を軽快に弾ませる様子に、トレーナーは「元気いっぱいでいい感じだよ。問題なく順調に来ている」と状態面に太鼓判を押した。

 今回は池添と新コンビを組む。気持ちが鍵を握るタイプだけに、「ジョッキーが新味を引き出してくれたら。オーナーも先週(愛知杯日経新春杯を)勝っているしね。一発あるかもよ」と期待を寄せる。現在は“白毛馬=ソダシ”というイメージになってはいるが、ハヤヤッコこそJRA史上初となる白毛の重賞勝ち馬。その底力は侮れない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す