スマートフォン版へ

【ダイヤモンドS展望】長丁場のハンデGIII、あの馬の重賞制覇を期待したい

  • 2022年02月15日(火) 18時25分
 冬から春にかけての長距離重賞戦線は、ステイヤーズSダイヤモンドS阪神大賞典、天皇賞(春)という流れ。ダイヤモンドSはその中で唯一のGIII戦で、なおかつハンデ戦ということで特殊な位置にある。

1.スローからの上がり勝負

 強風の影響が大きかった20年や道悪だった16年は上がりが掛かったが、例年、長距離戦にしては上がりが要求される傾向にある。過去10回中9回で上がり3ハロンタイム2位以内の馬が勝利して、その内4頭は上がり3ハロン35秒0以下をマークした。

2.大型馬は苦戦気味

 当舞台で行われるようになった04年以降の18回で、500kg以上だった馬は3勝のみ。全体で見ても[3-5-6-77]で複勝率は15.4%。対して、460〜499kgの馬は[12-10-9-99]で複勝率23.8%、459kg以下の馬は[3-3-3-32]で複勝率22.0%。

3.前走距離の傾向

 過去18回の成績を前走距離別で見てみると、前走3600mだった馬、また前走3000mだった馬はそれぞれ複勝率20.0%。10頭以上の例がある距離でこれより成績が良いのは、前走2400mの複勝率27.9%、前走2500mの複勝率29.0%。対して、前走2200m組は複勝率14.6%、前走2000m組は複勝率11.1%。

 ヴェローチェオロの重賞初制覇を期待したい。ここまでの実績やゴールドシップ産駒であることからして距離延長はこなせそう。また、過去13戦の内8戦で3位以内の上がりを使っているように、ある程度上がり勝負になっても対応できるはずだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す