スマートフォン版へ

【小倉大賞典 血統データ分析】抜群のコース適性を誇るドゥラメンテ産駒が初出走

  • 2022年02月17日(木) 16時45分
 20日に小倉競馬場で行われる小倉大賞典(4歳上・GIII・芝1800m・ハンデ)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる9回の馬券絡みがディープインパクト。次点で4回のキングカメハメハが続き、3回がダイワメジャーとなっている。

 ディープインパクト産駒は[3-4-2-12]。14年ラストインパクト、16年アルバートドック、20年カデナと3頭の勝ち馬を出すほか、15年3着ダコールは11人気、17年2着ヒストリカルは8人気、20年2着ドゥオーモは10人気と伏兵の好走も目立つ。なお、3着以内に好走した延べ9頭のうち4頭が7歳以上の古豪だった。今年はアイスバブルカデナサトノアーサースーパーフェザーランブリングアレーの5頭が特別登録。

 キングカメハメハ産駒は[1-2-1-11]。3着以内に好走した馬の内訳は、13年1着ヒットザターゲット、14年2着カフナ、18年3着スズカデヴィアス、21年2着ボッケリーニ。いずれの好走馬もハンデ56.5kg以上を課せられており、まだハンデ56kg以下は[0-0-0-9]と好走例がない。今年はブラヴァスヴァイスメテオールの2頭が出走を予定している。

 初出走となるドゥラメンテ産駒はアリーヴォが上位人気と目される。同種牡馬は小倉芝1800mで[5-3-3-15]、勝率19.2%・複勝率42.3%と瞠目に値する成績を残しており、アリーヴォ自身も当該コースで2勝の実績を持つ。なお、昨年はドゥラメンテの叔父にあたるルーラーシップの産駒が初出走を果たし、そのうちの1頭となるディアンドルが12人気3着と激走していた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す