スマートフォン版へ

【小倉大賞典 枠順データ分析】1枠が好成績だが、直近2年は外枠勢が活躍!

  • 2022年02月18日(金) 19時55分
 20日に小倉競馬場で行われる小倉大賞典(4歳上・GIII・芝1800m・ハンデ)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる5回の馬券絡みが1番。4回で2番、12番が、3回で3番が続く。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 1-4-3-10/18 複勝率44.4% 複勝回収率233%
2枠 3-1-0-14/18 複勝率22.2% 複勝回収率101%
3枠 2-1-1-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率51%
4枠 2-0-0-18/20 複勝率10.0% 複勝回収率34%
5枠 0-0-0-19/19 複勝率0.0% 複勝回収率0%
6枠 0-0-4-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率59%
7枠 2-2-0-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率91%
8枠 0-2-2-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率157%

 1番、2番合わせて9回馬券に絡んでいる通り、内枠が優勢。1枠からは19年14番人気3着のサイモンラムセス、15年11番人気3着のダコールなど、6番人気以下の馬が5回馬券絡みを果たしており、人気薄でも軽視は禁物だ。

 一方で、7枠の複勝回収率が91%、8枠の複勝回収率が157%と外目の枠にも馬券妙味がありそう。20年10番人気2着のドゥオーモは7枠12番から外を通って伸びてきた。昨年は8枠15番のボッケリーニが2着(1番人気)し、8枠16番のデァンドルが3着(12番人気)。

 19年まで小倉大賞典は1回小倉4日目に施行されていたが、20年は開催日割が変更になり、1回小倉12日目だった。今年も連続開催12日目の施行で、内めの芝は傷んでいる。過去10年のデータでは内枠優勢だが、直近の傾向を重視しての外枠狙いも面白い。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す