スマートフォン版へ

【川崎・エンプレス杯予想】今後のダート界を占う一戦 チャンピオンディスタンスを制するのはどの馬か!?

  • 2022年03月01日(火) 21時05分
 第68回エンプレス杯JpnIIが3月2日、川崎競馬場で行われる。川崎記念・JpnIや、関東オークス・JpnIIも行われる、川崎競馬のチャンピオンディスタンス。鋭角的なコーナーが6回あり、これをうまくこなせるかがカギとなる。昨年の優勝馬、マルシュロレーヌは2月26日に行われたサウジCに出走。世界を相手に6着と気を吐いており、今後のダート界を予測する上でも重要な一戦だ。

 スローペースで前残りになる傾向が強いことから、今年はJRAから参戦するレーヌブランシュに注目だ。3歳時に関東オークスを制したことも大きいが、なんと言っても小回り向きの機動力が魅力。前走のTCK女王盃は3か月の休み明けだったうえ、道中は終始包まれる窮屈な競馬だった。それでも、直線で前が開くとじりじりと脚を伸ばし、勝ち馬と0秒6差の4着に食い込んだのは力がある証しだ。叩き2戦目で実績ある舞台なら巻き返せる。

 関西から参戦するショウナンナデシコも怖い存在。母のショウナンマオJRAのダート3勝を挙げており、父はスピード派のサンデーサイレンス系の中でもパワー派タイプのオルフェーヴル。3走前にはダートグレードへの登竜門、カノープスSを余裕残しで勝っている。初のJpn参戦となった前走は勝ち馬の決め手に屈したが、女王テオレーマ相手にタイム差なしのクビ差2着に踏ん張ったのは評価できる。

 サルサディオーネ日本テレビ盃を制覇など、JRAの牡馬を相手にも一歩も引かない勝負をしてきた。持ち味はテンの速さとスピード。先手が取れれば、ハイペースで飛ばしてもしのぎ切る力がある。前走の川崎記念の9着は、同型にマークされる苦しい展開。牝馬同士で得意の左回りなら、反撃の可能性が高い。07年のトーセンジョウオー以来、14年ぶりの地方勢制覇なるか。

 とはいえ、ウェルドーンがどう動くかが気になるところ。昨年の関東オークスは、逃げるケラススヴィアを射程に入れて2、3番手を追走。直線で差し切っている。名手・武豊の手綱さばきに注目だ。さらに、クイーン賞を制覇したダイアナブライト、川崎2000mの常連、シャイニングアカリも、地元川崎の地の利を生かしての好勝負が期待できる。

(文:スポーツ報知記者・志賀浩子)

◇川崎競馬特集ページでは川崎全レースの予想印を無料公開中!

◇天童なこ×稲富菜穂のスペシャル対談も公開中!2人の最終見解と予想印をチェック!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す