スマートフォン版へ

【JRA】テオレーマが引退、繁殖馬に 昨年のJBCレディスクラシック覇者

  • 2022年03月02日(水) 20時44分
 昨年のJBCレディスクラシックを制したテオレーマ(牝6、栗東・石坂公一厩舎)が、3月2日付で競走馬登録を抹消した。同日、JRAが発表した。

 テオレーマは父ジャスタウェイ母スターズアラインド、母の父Sea The Starsという血統。

 2019年1月に芝の新馬戦でデビュー。2戦目からダートに転向し、3戦目で初勝利をあげた。昨年4月にマリーンCで重賞初制覇。同年秋のJBCレディスクラシックでGI級競走初制覇を飾っている。

 通算成績は23戦7勝(地方5戦3勝)。獲得総賞金は1億7400万7000円(地方9885万円)。今後は、北海道浦河町の笠松牧場で繁殖馬となる予定。

(JRAのホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す