スマートフォン版へ

【フィリーズレビュー予想】疑うべきは「王道」!? 3歳乙女に求められるものとは

  • 2022年03月12日(土) 17時40分
 過去10年のフィリーズレビューでは、2歳GIからの直行馬が[3-4-3-19]と優秀な成績を残しています。

 しかも、昨年のシゲルピンクルビーのように、前走10着以下大敗から巻き返した馬が3頭いる点にも注目でしょう。

 その他では、過去10年で5勝2着3回3着5回の前走1勝クラス組も侮れない存在。昨年はミニーアイルが11人気で3着、一昨年もナイントゥファイブが12人気3着と健闘しており、こちらも見逃せない点といえそうです。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 先週の弥生賞では【注目の穴馬】として推奨したアスクビクターモアが3人気1着で、【残った馬】のドウデュースが1人気2着でした。

 また、先月のダイヤモンドSでは【注目の穴馬】として推奨したトーセンカンビーナが5人気3着。さらに【残った馬】のテーオーロイヤルが2人気1着、ランフォザローゼスが11人気2着と健闘し、3連単は31万7940円となりました!

 今週もケシウマの【注目馬】&【残った馬】にご期待ください。

 ここでは、フィリーズレビュー「消去条件」のうち1つを無料公開します。

【条件】
データは過去10年を対象
前走新馬・未勝利戦で上がり2位以下
[0-0-0-13]複勝率0%
該当馬:マイシンフォニーモチベーション
(過去の主な該当馬:21年エルカスティージョ3人気5着)

 GIなどでハイレベル戦を経験している馬も多いため、新馬や未勝利を勝ち上がったばかりの馬では荷が重い。例外は、前走で上がり最速の脚を使っていた馬だけです。

 上位人気が予想される、マイシンフォニーが消去データに該当しました。

 本馬は、ノーザンファーム生産のディープインパクト産駒。通常の3歳重賞なら重視すべき「王道」の組合わせですが、このレースでは決して強調材料になりません。

 過去10年ノーザンファーム生産馬は[1-1-2-25]という成績で、ディープインパクト産駒も[0-1-1-8]と低調。才能よりも、完成度が重要といえそうです。

 さらに、残りの消去条件は『パーフェクト消去法』にて公開中です。ケシウマの予想バイブルを、ぜひお役立てください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す