スマートフォン版へ

【フラワーC】キタサンシュガー 末脚強烈 父キタサンブラックと同じ馬房から出陣

  • 2022年03月16日(水) 06時04分
 「フラワーC・G3」(21日、中山)

 鮮やかな直線一気でデビュー戦を快勝したキタサンシュガーが、勢いそのままに中山のG3へ東上する。

 清水久厩舎のキタサンブラック産駒で、オーナーは歌手の北島三郎(名義は大野商事)だ。父も手掛けた辻田厩務員が担当。小柄な牝馬でサイズは違うが、ブラックと同じ馬房でくつろぐ娘の姿に「お父さんも馬房の中ではゆっくり休んでいました。従順なところはよく似ています」と穏やかな表情を見せる。

 父はパワフルな走りで一時代を築いたが、産駒は意外にも切れる脚を使えるタイプが多い。シュガーの初戦もまさにそう。直線での伸び脚は他馬が止まって見えるほどだった。「動ける感じにはなっていましたが、まさかあそこまでの脚を使ってくれるとは。切れましたね」と想像以上の走りに感心しきりだ。

 2戦目での重賞挑戦に「食いが細い方ですし、長距離輸送も初めて。心配はあります」と気を引き締めるが、「初戦の走りを見れば、距離が延びても良さそう。何とか結果を出せれば」とVへの期待は大きい。ロマンあふれる好素材の走りに注目だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す