スマートフォン版へ

【マーチS展望】混戦模様のハンデ重賞、馬券妙味のあるベテランに注目

  • 2022年03月24日(木) 12時00分
 JRAのダート路線はフェブラリーSでひと区切り。それ以来最初のJRAダート重賞がこのマーチSとなる。過去の勝ち馬にはテスタマッタエスポワールシチーというチャンピオン級の名前も見られるが、たいていの年ではビッグネーム不在で混戦模様になる。

1.上がりがかかるタフなレース

 過去10回の平均上がり3ハロンタイムは38秒0。非常に上がりが掛かることから、タフな条件に実績がある馬や、重いダートの地方で好走歴がある馬が台頭してきやすい。

2.ベテランに妙味

 過去10回で、4歳馬は複勝率15.2%だが複勝回収率は33%しかない。対して、5歳馬は複勝率20.6%で回収率97%、6歳馬は複勝率26.1%で回収率104%、7歳以上馬は複勝率こそ13.0%だが回収率は140%。

3.基本的に前残り

 タフなレースになるとはいえ小回りコースであるので、先行出来る馬を狙うのがセオリー。過去10回で、4角5番手以内だった馬は[6-7-4-42]で複勝率28.8%、複勝回収率132%なのに対し、4角7番手以下の馬は[4-2-5-85]で複勝率11.5%、複勝回収率45%。

 ヒストリーメイカーは前走の仁川Sで一旦は先頭に立つ走り。最後は脚が上がって4着に終わったが、久々だったことを考えれば上々だった。昨年の同レースで2着しているようにタフな中山に替わるのは歓迎であり、叩き2走目のここで巻き返しを期待できるだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す