スマートフォン版へ

【マイラーズC】栗東レポート エアファンディタ

  • 2022年04月20日(水) 17時03分
◎24日(日)阪神競馬場で行われる第53回マイラーズC(GII)に出走を予定しているエアファンディタ(牡5、池添学)について、追い切り後の池添学調教師のコメントは以下の通り。

「(前走でオープン初勝利でしたが)阪神競馬場に実績はありましたが、時計勝負になったらどうしようという考えもありました。速い時計の中でもしっかり脚を使って、僅差でしたが勝ち切ってくれたことが大きいです。

特に(反動は)無く、使った後はマイラーズカップに向かうと、オーナーサイドと相談の上で決めていました。リフレッシュできました。(レースの)1カ月前に入厩させて、調整も順調で、1週前追い切りもこの馬としてはしっかり動けていました。短期間ではありますが、徐々に成長しています。

(最終追い切りは)今週から復帰の松山騎手に感触を確かめてもらう程度でした。見た目はゆったりと走っていましたが、時計は出ています。1週前追い切りで身体はできていますので、予定通りです。

まだ気の悪さというか、レースでも集中し切れない部分があって、その辺を考慮してブリンカーを着けるようにしました。その効果もあって、しっかりと走れるようになってきました。まだまだ緩い部分もあるので、ここからもう一段階良くなってきそうなところがあります。

競馬に乗った人みんなが言うのですが、(セールスポイントは)『手応えが全然無いのにいつの間にか前に来ている』という『いつの間にかの切れ味』です。

時計的にも、終いの脚を見ても、重賞の舞台でもやれそうです。今年飛躍を期待する1頭です。調整も順調で、松山騎手も復帰するので、一緒に結果が出せれば嬉しいですね。応援よろしくお願いします」

取材:檜川彰人

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す