スマートフォン版へ

【北斗盃 予想】ホッカイドウ三冠路線がスタート! 器用さとタフさ問われる一戦を制するのは…

  • 2022年04月27日(水) 18時00分
 開幕から2週間、開催日にして4日間が経過し、今シーズンの門別競馬場の馬場傾向が自ずと明らかになってきた。簡単に言えば、例年に増してタフなコンディションで、タイムの出にくい馬場である。

 特に短距離戦においてその傾向は顕著であり、最上級クラスの1200mでやっと決着タイムが1分15秒を切るというレベルである。まだ肉体的に成長途上の若駒にとっては尚更こたえるはずだが、先週までに行われた2歳新馬戦3鞍の勝ち馬は、いずれも2位以下を引き離しており、タイムを不問にした高い評価をすべきだろう。

 北斗盃の予想に話を移そう。内回り1600mを舞台に行われる、ホッカイドウ競馬3歳3冠競走の1冠目である。

 実績という観点から言えば、ともに重賞勝利とダートグレード入着歴があるエンリルシルトプレ、この2頭がリードしている。どちらかを中心に据えるのが妥当と考えるが、器用な立ち回りが必要とされる内回りのコース形態を踏まえ、筆者は後者のレース巧者ぶりを上位に取った。

 2走前の雲取賞では、南関東のクラシック候補筆頭であるシャルフジン、ナッジに続く3着に好走するなど、着実に力をつけている。前走こそ1角で大きな不利を受けて着順を落としてしまったが、走り慣れた地元でその鬱憤を晴らしてもらいたい。

 対するエンリルも、休み明けの前哨戦を快勝し、臨戦態勢は万全だろう。おそらくハナを取りに行くだろうが、例年この重賞は前掛かりになる馬が多く、急流になりやすい。マークされる立場でどこまで自分のリズムを保てるのか、そこが焦点となる。

 上記2頭を脅かす存在として、プリサイスニードルには穴の魅力がある。折り合いの難しさを随所に見せていたことを考えれば、2歳時の走りは重賞級の能力を示すものだ。オフシーズンに去勢を施されており、気性面の成長が如何ほどか読み切れないが、ダークホースとして注目だ。

 以下、上積み確かなモリデンブラック、長欠明けの前走が優秀なマナホクを押さえたい。

(文:競馬ブック・板垣祐介)

ホッカイドウ競馬特集ページはこちら!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す