スマートフォン版へ

【天皇賞・春】2強対決に「待った」! ディープボンド、タイトルホルダーに割って入る偏差値上位馬

  • 2022年04月29日(金) 21時00分
 今週は先週に引き続き、東京、阪神、福島の3場開催です。

 一週間の空いた春のGIシリーズは、いよいよここから6週連続開催へと突入。今週はステイヤーの頂点を決める一戦・天皇賞・春(阪神・芝3200m)が行われます。

 例年は京都開催が常の天皇賞・春ですが、昨年に続き今年も阪神競馬場が舞台。昨年は、前半1000mラップが59.8秒という緩みないハイペースのレースでした。

 果たして、今年はどんなレースになるのでしょうか。まずは、今年の出走予定メンバーを確認していきましょう。

 おそらく1番人気は、昨年同レース2着のディープボンド(牡5・栗東・大久保厩舎)。昨年末のGI有馬記念2着、前走阪神大賞典も1着という現役最強レベルのステイヤーが、初のGIタイトルを狙います。

 対するは昨年の菊花賞馬、タイトルホルダー(牡4・美浦・栗田厩舎)。有馬記念では5着に敗れていますが、前走のGII日経賞1着から2つ目のGIタイトルへと挑みます。

 想定としては、この上位2頭が抜けた人気になりそう。これに続きそうな馬としては、前走GIIIダイヤモンドSを勝って4連勝中のテーオーロイヤル(牡4・栗東・岡田厩舎)、ステイヤーズS阪神大賞典ともに2着のアイアンバローズ(牡5・栗東・上村厩舎)、阪神大賞典3着シルヴァーソニック(牡6・栗東・池江厩舎)辺りでしょうか。

 他にも万葉S勝ち馬のマカオンドール(牡4・栗東・今野厩舎)、日経賞3着ヒートオンビート(牡5・栗東・友道厩舎)など、長距離で活躍してきたメンバーが勢揃いした感じです。

 こんな混戦でチェックしておきたいのが、netkeibaオリジナルツール『調子偏差値』。

『調子偏差値』とは、出走馬の調子を偏差値化。ランキング順でも表示できる競馬予想ツールです。

 激走する可能性ある人気薄や危険な人気馬も数値でチェック可能。調子が上がっている馬は「急上昇」としてピックアップします。

 それでは04月29日(金)に出た、『天皇賞・春』の調子偏差値速報をお届けしましょう。

 まず1番人気が予想されるディープボンドは偏差値71での3位となりました。昨年の天皇賞・春が偏差値73。やや数値は下げましたが、そこをどう評価するかでしょう。

 続いて2番人気想定のタイトルホルダーは、偏差値74での1位でした。菊花賞時は75、前走日経賞では71という偏差値。今回の74は悪くない数値といえそうです。

 そして3番人気想定のテーオーロイヤルは偏差値72での2位。この馬はこれまで偏差値60台で連勝してきた馬。状態に関しては、今回がベストといえる偏差値レベルです。

 なお今回も「急上昇」の馬は登場しませんでした。人気上位がそれなりに偏差値も高いということになりましたが、やはりレースも堅く収まってしまうのでしょうか。

 あなたの本命予定馬はどんな偏差値なのか? 是非、今週の「調子偏差値」をチェックしてみてください。

 なお、日曜日東京11R『スイートピーS(L)』の調子偏差値は「無料」でご覧いただけます!

※レースによって「急上昇」に該当する馬がいない場合があります。該当馬の有無はご購入前にご確認ください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す