スマートフォン版へ

【青葉賞】プラダリア夢切符 鮮やか抜け出し、21年に続き池添兄弟でダービー出走へ

  • 2022年05月01日(日) 06時01分
 「青葉賞・G2」(4月30日、東京)

 22年こそ、池添兄弟の夢を咲かせてみせる-。未勝利戦を勝ち上がったばかりの4番人気プラダリアが、直線鮮やかに抜け出して重賞初Vを飾り、ダービー(29日・東京)への切符をつかみ取った。

 引き揚げてくるなり馬上の兄・謙一と弟の学師が力強くグータッチ。「初めて乗った時から“この馬とクラシックへ行きたい”と思っていたけど、うまく乗れず2着が続いてしまった。でも、きょうはしっかり権利が獲れて良かった」と胸をなで下ろした鞍上。そして、指揮官も「ホッとしました。期待している馬ですからね。(2着続きで兄に対して)僕もだいぶ不満顔をしていたから(笑)」と、うれしそうにうなずいた。

 ディライトバローズが前半5F58秒9のハイラップで飛ばす中、離れた5番手で虎視たんたんと脚を温存。直線で満を持して追いだされると、グイッとひと伸び。押し切りを図った2着馬を難なくパスして、余裕の差し切りフィニッシュだ。「この馬のリズムで。本番を見据えた競馬をした」と鞍上は、満足そうに振り返った。

 兄弟での重賞制覇は、21年のスプリングS(ヴィクティファルス)以来2度目。トレーナーが「いい結果で、ダービーにピークを持って行けたらと思っていた」と“次”を意識しての勝利を強調すれば、主戦も「まだ修正点もあるけど、持っているモノはいいからね」と胸を張る。兄弟で迎える2年連続の“競馬の祭典”は楽しみしかない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す